Fujitsu Habitat History

From Reno Project
Jump to navigation Jump to search

This history section is taken from the article in Oh!FM Towns - November 1991 about Fujitsu Habitat.

FJHabHistoryArticle.png


History of Fujitsu Habitat

Japanese transcription

富士通Habitatの歴史
1988年10月 ルーカスフィルム, 富士通にHabitatの移植許可を与える
1989年2月 シンガポールの「ASIA TELECO'89」にて、富士通Habitatのデモが 行われる
1989年3月 富士通Habitat, 東京ドームの電脳遊園地に非公式開国
1989年10月 建国に先立ち仮国民移住 (TOWNSユーザーのモニタを募って実験運用)
1989年11月 スプラッタ現象などモニタ期間中はトラブル続出!?
1990年2月 零沙 -Layza-, Z'd, つを、 の3人のオラクル (神様) の名において富士通Habitat建国!! パソコンショップ店頭にTOWNS版富士通Habitat (端末ソフト) 並ぶ
1990年4月 富士通Habitatの国民が1000人を突破。初の結婚式が多数の国民の祝福を受けて行われる
1990年9月 TOWNS版端末ソフトV2.1L10にレベルアップ。 コマンドパネルが強化され、 掲示板や郵便機能が追加されるなど、大幅機能強化された
1990年12月 電脳遊園地にて本家Habitatの開発者ランディー氏富士通Habitatの応援に来る
1991年3月 TOWNS版端末ソフトV2.1L11にレベルアップ。 国営のカジノが出現し、アニメーション機能が加えられた
1991年4月 「人工現実の世界」としてNHKニュースでも紹介される
1991年8月 FMR/PanacomM版富士通Habitat (端末ソフト) 発売開始。 R-50 等の400ライン表示機用で、レベルはV2.1L10
1991年?月 PC-9801版富士通Habitat (端末ソフト) 発売開始。 レベルはV2.1L10

After showing this to one of the former Oracles of Fujitsu Habitat, they informed us that some of the language used was archaic and that there were some inaccuracies. They kindly tweaked it for us to be factual and to read better. You can see this below.

Corrected Japanese transcription

富士通Habitatの歴史
1988年10月にルーカスフィルムは富士通にHabitatの使用許可を与えました。
1989年2月にシンガポールの「ASIA TELECOM'89」で、富士通Habitatのデモンストレーションが行われました。
1989年3月に富士通Habitatが東京ドームの電脳遊園地に展示され、非公式に開国されました。
1989年10月に建国に先立ち仮国民の移住が始まりました。TOWNSユーザーのモニタユーザを募って実験的な運用を始めました。
1989年11月にスプラッタ現象(アバターの体がバラバラに表示される現象)などが起こり、モニタテスト期間中はトラブルが続出しました。
1990年2月に「Layza」、「Z'd」、「Tsuo」の3人のオラクル (神様) の力によって富士通Habitatが建国されました。パソコンショップの店頭でTOWNS版富士通Habitatの端末ソフトウェアが販売されました。
1990年4月に富士通Habitatの国民が1000人を突破しました。初の結婚式が多数の国民の祝福を受けて行われました。
1990年9月にTOWNS版端末ソフトウェアがV2.1L10にレベルアップしました。 コマンドパネルが強化され、掲示板や郵便機能が追加されるなど、大幅に機能強化が行われました。
1990年12月に電脳遊園地にて本家Habitatの開発者ランディー氏が富士通Habitatの応援で来日されました。
1991年3月にTOWNS版端末ソフトウェアがV2.1L11にレベルアップしました。 国営のカジノが出現して、アニメーション機能が追加されました。
1991年4月に「人工現実の世界」としてNHKニュースでも紹介されました。
1991年8月にFMR/PanacomM版富士通Habitat (端末ソフトウェア)の発売が開始されました。 R-50等の640x400pixel表示機用で、ソフトウェアのバージョンはV2.1L10でした。
1991年中にPC-9801版富士通Habitat (端末ソフト) を発売する予定です。 ソフトウェアのバージョンレベルはV2.1L10です。

Here is the same text as above but translated into English using DeepL.com

History of Fujitsu Habitat

  • In October 1988, Lucasfilm granted Fujitsu permission to use Habitat.
  • In February 1989, Fujitsu Habitat was demonstrated at ASIA TELECOM'89 in Singapore.
  • In March 1989, Fujitsu Habitat was displayed at the Tokyo Dome's Dennou Amusement Park and the country was unofficially opened.
  • In October 1989, the migration of provisional citizens began prior to the founding of the country, and experimental operations were started by recruiting TOWNS users as monitor users.
  • In November 1989, splatter phenomenon (a phenomenon in which avatars' bodies are displayed in pieces) and other problems occurred, and there were many troubles during the monitor test period.
  • In February 1990, Fujitsu Habitat was founded by the power of three oracles (gods): "Layza", "Z'd", and "Tsuo". The terminal software of Fujitsu Habitat for TOWNS was sold at PC stores.
  • In April 1990, the number of citizens of Fujitsu Habitat exceeded 1000. The first wedding ceremony was held with the blessings of a large number of citizens.
  • In September 1990, the terminal software for TOWNS was upgraded to V2.1L10. The command panel was enhanced, and bulletin board and postal functions were added, greatly enhancing the functionality.
  • In December 1990, Mr. Randy, the developer of the original Habitat, came to Japan to support Fujitsu Habitat at Dennou Amusement Park.
  • In March 1991, the terminal software for TOWNS was upgraded to V2.1L11. A national casino appeared and animation functions were added.
  • It was introduced on NHK news as "The World of Artificial Reality" in April 1991.
  • In August 1991, the FMR/PanacomM version of Fujitsu Habitat (terminal software) was launched. The software version was V2.1L10 for 640x400pixel display machines such as R-50.
  • Fujitsu Habitat (terminal software) for PC-9801 is scheduled to be released during 1991. The version level of the software is V2.1L10.

Fujitsu Habitat Founding Ceremony

The Founding Ceremony of Fujitsu Habitat

Japanese transcription

われ、この地の造り、太陽を司らんがために、この地に降り立つなり
われの創造したもう民:アバタに、光の祝福をぉぉぉ・・・
愛の神 Oracle  澪紗-Layza-
月の神 Oracle Z’d
太陽の神 Oracle つを

'90年2月に行われた建国式典 

English translation

I am the maker of this earth, and I come down to this earth to rule the sun.
Blessed be the light of Avatar, the people I have created.
Oracle Miosa-Layza, God of Love.
Oracle Z'd, God of the Moon
Oracle Z'd, God of the Sun

The founding ceremony held in February '90